キャッシングを複数申し込むのは危険?

MENU

キャッシングを複数申し込むのは危険?

キャッシングの審査に落ちてしまい別のキャッシング会社に直ぐに申し込む人は多いと思います。
実はこれ次に申し込むキャッシング会社での審査を不利にしているんです。

 

同様に複数のキャッシング会社に同時に申し込むのも余りオススメできません。
では何故複数のキャッシング会社に申し込むと審査で不利になるんでしょうか?

 

キャッシングに申し込みをするとキャッシング会社は個人信用情報機関のデータを照会します。
信用情報には借金の借入・返済状況が登録されていますが、キャッシングへの申込みも情報として登録されます。

 

重要なのは審査に通らず借入が出来なくても、
申込んだ時点で申込みの情報として登録されることです。

 

つまり複数のキャッシング会社に申し込みをしていれば、その情報は会社側にも把握されています。
複数のキャッシング会社に申し込む人に対し、会社側はどう思うでしょう?

 

相当お金に困っているのではないか?返済する余裕はあるのか?
現時点で融資が受けられていないなら何か問題があるのではないか?など審査に良い印象は与えませんね。

 

また総量規制もネックにもなります。
総量規制では貸金業者から年収の3分の1までしか借入出来ません。

 

複数の貸金業者に申し込みをすれば借入額の合計も大きくなるので、
総量規制に引っかかりやすくなるのです。

 

信用情報機関に登録される申込みの情報は最長で6ヶ月間記録されます。
ですから一度キャッシングの審査に落ちた場合は6ヶ月間あけた方が審査に通りやすくなります。

 

6ヶ月間も待てないと言う人は、あくまで目安ですが1ヶ月に2社までなら大丈夫です。
1ヶ月に3社以上申し込むと申し込みの段階で断られるリスクも出てきます。