キャッシングの総量規制について

MENU

キャッシングの総量規制について

キャッシングを申し込む時はいくら借りるかについて頭を悩ませると思います。
ただキャッシングの借入額はある法律によって限度が決まっています。

 

それが総量規制と言う法律です。

 

総量規制とは2010年6月から施行されたキャッシングに関する法律です。
この法律では貸金業者からの借入は原則、申込者の年収の3分の1までと定められています。

 

つまり100万円の借り入れをしたいなら年収は300万円以上必要になります。

 

当然、キャッシングの審査の時も年収を証明する書類が必要になります。
この収入証明書(所得証明、源泉徴収票など)は貸金業者からの借入額が50万円を超える時に提出を求められます。

 

また他の貸金業者と合わせた借入額が100万円を超える場合にも収入証明書の提出を求められます。

 

他の貸金業者からの借入額は信用情報機関への照会で分かることなので、
申し込みの際に情報を隠したり偽るのは止めましょう。

 

しかし総量規制の対象外となる金融機関もあります。
それが銀行です。

 

総量規制で言う貸金業者には消費者金融、クレジットカード・信販会社は含まれますが、
銀行は含まれていません。

 

そのため銀行が提供するカードローンサービスなどは総量規制の対象外となるのです。
総量規制の対象外なので借入額は年収の3分の1という原則に当てはまりません。

 

また収入証明書の提出も200〜300万円からとキャッシングに比べ審査が緩くなっています。

 

総量規制対象外のカードローンを利用しても、総量規制の年収3分の1の計算に含まれません。
つまり年収300万円の人が銀行カードローンで100万円借りた後、キャッシング業者から100万円借りることも可能です。