キャッシングの詐欺について

MENU

キャッシングの詐欺について

キャッシングの世界では1日で大量のお金が動くことも多いです。
そうなると、そのお金を狙った詐欺集団も出てくる訳です。

 

キャッシング詐欺のやり口として一番良く知られているのが、電話を使った方法です。
大手キャッシング会社の名を語り突然電話をかけてきます。

 

返済が遅れているので、1週間以内に○○の口座に支払いをお願いしますといった内容です。
キャッシングを利用していなければ、このような電話を真に受ける人は少ないでしょう。

 

ただキャッシングを実際に利用している人が、借入している会社の会社名で催促されると、
信じてしまうことがあるのです。

 

確かに返済に遅れるとキャッシング会社から催促の電話がありますが、
いきなり指定の口座に支払いを命じるようなことはありません。

 

心配なときはキャッシング会社に連絡をとり確認しましょう。

 

最近はフィッシング詐欺とよばれる方法でカードの番号やパスワードを狙おうとしています。

 

フィッシング詐欺はEメールやメルマガ、DMなどで大量の情報を多くの人に送りつけ、
返答のあった人からお金を巻き上げたり、個人情報を盗んだりする方法です。

 

例えば大手キャッシング会社の名を騙り、Eメールやメルマガでキャッシングやローンについての情報を送ります。
メールにはキャッシングやローンについて簡単な説明文と別サイトへの案内文が書いてあります。

 

別サイトはキャッシング会社のサイトそっくりに作られた偽サイトで、
そこでキャッシングの申し込みの為にカード番号やパスワードを入力すると盗まれてしまう訳です。

 

基本的に怪しいメールは開かないように仮に開いたとしても、別サイトへのリンクは踏んではいけません。