専業主婦のキャッシングについて

MENU
 

給料日直前で生活費が足りなくなった時や急な病気・冠婚葬祭でお金が入用な時に、
キャッシングを利用する方は多いと思います。

 

しかしキャッシングを利用するためには安定した収入が必要となってきます。
そうなると専業主婦がキャッシングを利用するのは難しいように見えますね。

 

ただ安定した収入にはパートやアルバイトでの収入も含まれますし、
パートやアルバイトをしている主婦は問題なくキャッシングを利用できます。

 

またパートやアルバイトを一切していない専業主婦にもキャッシングを利用する方法があります。

 

一つは配偶者貸し付けを利用することです。
配偶者貸し付けを利用すれば、夫婦の収入の3分の1までの金額が借入可能となります。

 

つまり専業主婦でも旦那さんに安定した収入があれば、キャッシングを利用出来るのです。
夫婦の収入を基準とするので、旦那さんの同意と婚姻関係を証明する書類が必要になります。

 

もう一つは銀行のカードローンを利用することです。
銀行のカードローンはキャッシングに比べ審査が厳しくなりますが、大きなメリットもあります。

 

それは総量規制の対象外だということです。
総量規制は貸金業者が年収の3分の1以上のお金を貸すことを禁止した法律です。

 

この総量規制があるためにキャッシング業者の審査では年収がいくらか問われる訳です。

 

しかし銀行のカードローンは総量規制の対象外なので、収入の無い専業主婦でも利用できます。
ただし銀行のカードローンは審査も厳しい傾向にありますし、借入限度額も低めに抑えられます。

 

収入の無い専業主婦でもキャッシングはありますが数は少ないですし、
少しでも収入があると審査で有利となることも覚えておきましょう。